ポリネシアンセックスに秘められた愛

ポリネシアンセックスに秘められた愛とは?
ポリネシアンセックスを通して学ぶ愛のカタチ。
お互いが心から愛し合うことの大切さを知り、
思い遣り、愛を育むことを学べます。


ポリネシアンセックスとは?

ポリネシアンセックスってご存知ですか?

 

五木寛之さんの著書
「サイレント・ラブ」「愛に関する十二章」
話題になった愛に満たされたセックスのことです。

 

もともとアメリカの宗教学者ジェイムズ・N・パウエルの
「エロスと精気」という著書のなかで紹介されたものです。

 

 

それは、南太平洋諸島に暮らすポリネシアの人々の間に伝わるセックススタイルで、
ゆっくり時間をかけて、心と身体が溶けあうようなセックスのことなのです。

 

旧英領ニューギニアのトロブリアント諸島では
「1時間たつと、先祖の霊が目覚めて、われわれの結合を祝福してくれる」と信じられています。

 

男性の射精を目的としたセックスではなく、
性エネルギーの交流、魂からお互いに感じるセックスです。

 

ポリネシアンセックスは、愛に溢れ「満足感」に満たされたセックスです。

ポリネシアンセックスのやり方

ポリネシアンセックスのやり方をご紹介します。

 

  • 実際に結合するセックスは普通、5日に1度。
  •  

  • 中4日はしっかりと抱き合って、肌を密着させて眠り、性器の接触はしない。
  •  

  • セックスをする時は、前戯や抱擁や愛撫に最低1時間をかける。
  •  

  • 互いの心と体がなじんだ時に女性の中に挿入した後は、最低30分は動かずにじっと抱き合っている。
  • (ただし、男性に勃起力が無くなりそうな時、女性に性感が無くなる時は少し動く)

     

  • 身動きせず に30分間横になっていると、2人の間にエネルギーが流れるのを感じるようになる。

 

 

ポリネシアンセックスを行う時に大切なことがあります。

 

射精を目的にしたセックスではなく
性エネルギーの交流をお互いに大切にすることです。

 

すなわち、欲を捨て、相手をただ思い遣ることです。
そうすると性エネルギーが交流し始めるのです。

 

性エネルギーの交流のやり方は、

 

難しく考えずに抱き合っている時に相手のエネルギー(魂)を感じるのです。

 

あなたの魂と相手の魂が交わるように想像してみて下さい。
抱き合った時に愛おしさを感じるはずです。

 

そのままじっとして抱き合い、相手のハートを感じてみて下さい。
そうするとふんわりした感じ・穏やかな感じなど様々な波動が伝わってきます。

 

お互いに目の前の愛する人にだけ意識を向けてみて下さい。

 

私たちの想いや感情は、波動や気の流れにより相手に伝わります。
その能力は、すべての人に生まれながらに備わっているのです。

 

難しく考えずに相手のエネルギーを感じることに意識しを合わせてみてください。

ポリネシアンセックスを通して学ぶ愛のカタチ

ポリネシアンセックスに秘められた愛とは?

 

ポリネシアンセックスを通して学ぶ愛のカタチがあります。

 

それは、お互いが心から愛し合うことの尊さを知り、
思い遣り、愛を育むことの大切さを学ぶのです。

 

お互いに思い遣れなければ、ポリネシアンセックスは体験できません。

 

ジャンクセックスのように自分の欲が先にきてしまい、
相手を思い遣ることができなくなってしまえば破壊を呼ぶだけです。

 

ゆっくりと時間をかけ、静かに行われるポリネシアンセックスは、
労わりあい、愛し合う男女の間でしか成立しえないものでしょう。

 

今、セックスで悩んでいるのなら

 

射精が目的のジャンクセックスは止めて、
満足感に満たされるポリネシアンセックスを試してみませんか?

 

きっとお互いの意識やセックスが良い方向へ変わると思います。

 

 

次回は、ポリネシアンセックスの体験談をお話します。

冷めきった関係を修復して自然に性行為を取り戻せる事ができ
新婚当初のようなラブラブな関係を取り戻すことができる方法はこれ↓


復縁・不倫・結婚…数え切れないほど恋を叶えた陰陽師パワーストーン
運命を引き寄せて夫婦仲を深める!奇跡的な体験談はコチラ↓



いつもありがとうございます☆
セックスレスに悩んでいる方のブログが載っています。
にほんブログ村 家族ブログ レス夫婦へ
にほんブログ村